カジノで100%勝つ方法について

こんにちは。

今日はカジノで100%勝つ方法について書きます。

その前にまずはハウスエッジというものについて説明させてください。ハウスエッジとはギャンブルにおける控除率のことでカジノの有利さを表しています。例えば0~36までのルーレット(1つの数字に賭ける。倍率36倍)での控除率は1-(36/37)≒0.027であり、賭け続けていれば少しづつ金は減っていきます。多くの人がギャンブルをし続ければ負けると主張するのはこの控除率が基本的にどのゲームでも正の値をとるからです。

逆に言えばこの控除率がマイナスのゲームが存在するならばプレイすればプレイするほど金が増える、つまり100%勝てるということです。そんなゲームが存在するのか。します。ビデオポーカーです。

ビデオポーカーというのは以前紹介したテキサスホールデムポーカーとは異なり、スロットのようなマシンで行うゲームです。5枚のカードが配られ、いらないカードを交換して役を作ります。様々な種類のビデオポーカーが存在し、それぞれのペイアウト率が異なりますがフルペイマシンと呼ばれるドュースワイルドビデオポーカーの控除率は何と‐0.76%。プレイすればプレイするほど儲かるシステムになっています。

なぜそんなマシンが存在するのか。カジノは破産しないのか。

こんなゲームが存在するのには理由があります。まずこのマシン自体を見つけるのが至難の業です。大概どこのカジノにもビデオポーカーは置いていますが大体ペイアウト表が微妙に異なりやればやるほど損するようにされています。次に、人間は誰しもミスをするので間違ったカードを残したり交換してしまったりします。これによってペイアウト率は低下します。さらに、このビデオポーカーはほかのマシンと比べて圧倒的に地味です。多くのスロットマシンが大きな音楽と派手な演出やミニゲームで客を楽しませていますがビデオポーカーはカード5枚とペイアウト表が書いてあるだけで音楽さえありません。ほとんどの客はカジノにお金を使って楽しみに来ているのでこんなマシンには見向きもしないでしょう。ビデオポーカーをしに来た客もつい他の圧倒的にハウスエッジの高い見た目がいいゲームをプレイしてしまうかもしれません。また、どれだけやればやるほどもうかる仕組みといっても無限に資金がない限り変動に耐えられずに資金がなくなることも考えられます。特に最も難しいナチュラルロイヤルフラッシュが完成する確率は0.0023%。4万回に1回もできません。

ということで理論上100%勝てるビデオポーカーであっても稼ぐことが難しいのが分かっていただけたと思います。そんなビデオポーカーにはもう一つ武器があります。多くのカジノで採用されているメンバーカードのコンプとキャッシュバックです。これはプレイするたびに自動的にたまっていくポイントカードのようなもので勝つか負けるかにかかわらず溜まるので資金の循環が頻繁におこなわれるビデオポーカーに向いているシステムです。たとえがキャッシュバックが1000ドルにつき1ドルならば控除率はさらに0.1%下がることになります。また、ポイントをためることでVIPになりコンプを受けることができればカフェやビュッフェ、たばこ・酒、ホテルも割引価格または無料になります。実際に僕も近くのカジノのゴールド会員になっているのでビュッフェが安く食べ得られるなどの特典を受けています。これらのコンプを入れればビデオポーカーは必ず勝てるゲームといっていいでしょう。

カジノに行く機会があればぜひやってみてください。

ちなみにmegabucksというスロットもハウスエッジがマイナスになっていることがありますがそれはジャックポットした時にもらえる金額が大きすぎるからなのでおすすめはしません。。。